トップページ > FX用語集 > た行 > ち

FX用語集

 

た行 「ち」

チャート

相場の値動きをグラフで表したものです。その描き方により、ローソク足チャート、バーチャートなど、いくつかの種類があります。また、時間のとり方により、月足、週足、日足、時間足、分足、ティックチャートなどがあります。

 

中央銀行

それぞれの国において、「発券銀行」「銀行の銀行」「政府の銀行」であることを主な業務とし、通貨価値の安定と信用制度の保持と育成を行なう銀行のことです。

 

中古住宅販売件数

当月に所有権の移転が完了した中古住宅の販売件数を示しています。新築住宅販売件数と同様、景気トレンドに対して先行性が高いと言われる指標の一つですが、 新築住宅販売件数に対して30-60日の遅効性があります。また予測が難しい為、予想外の数値となってマーケットに大きな影響を及ぼす事が多い指標といわれています。 毎月25日に発表されます。

 

長期金利

1年以上の借入金の金利。10年物国債(長期国債)の中で流通量が多い銘柄が代表的な指標となっている。企業が資金を借り入れる際の金利や住宅ローン金利の指標となる。

 

調整局面

上昇してきた株価や景気指標などが、その上昇速度を鈍化させ、踊り場に入ったような場合に、調整局面に入ったなどといわれます。株価の場合であれば、値幅の調整と日柄(時間)の調整が行なわれると解釈するのが一般的です。調整局面の後は、そのまま元の上昇基調に入ることもあれば、反落して、結果的に天井であったとわかることもありますから、注意が必要です。