トップページ > FX用語集 > か行 > か

FX用語集

 

か行 「か」

買気配値

マーケットメーカーが提示する通貨買付の希望価格の事です。

 

買建玉

買付取引のうち、決済が結了していない建玉を買建玉といいます。

 

介入

平衡操作とも呼ばれ、外国為替市場で経済実態を反映しない相場の急変動に対して中央銀行が相場を安定させるために行う為替売買。例えば日銀が相場を安定させるため円を買うことを「円買い介入」、逆に円を売ることを「円売り介入」といいます。また、1国だけで行う単独介入と複数国で行う協調介入、他の中央銀行に頼んで介入をしてもらう委託介入があります。

 

買い持ち

外貨を買っている状態のことをいいます。買いポジションを持っているともいいます。日本の場合、対円で外貨を買っている場合であれば、「円安」(外貨高)になれば、為替差益が出ることになります。

 

買戻し

売りポジションを反対売買により決済する行為。

 

乖離率

移動平均線と価格がどれくらい乖離しているかを示す指標です。

 

外貨準備

国の輸入代金決済や債務の支払いなど、対外支払いに充てるために準備しておく外貨のこと。財務省・日銀が外国為替市場で円買い介入を行なう場合は、この外貨準備のドルを売却して、円を購入します。また、これとは逆に、円売り介入を行なった場合には、円を売って得たドルを、外貨準備に組み入れます。

 

外貨準備高

国が保有する外貨や証券などの合計額で、外貨建ての借入金の返済など対外的な支払い能力を示す。企業や個人など民間が保有している分は含まれない。

 

外国為替

外国の通貨、あるいは異なった国の通貨を交換することです。英語では「Foreign Exchange」です。

 

外国通貨建て

外貨で決済が行なわれるという意味です。

 

外国投信

外国の法律に基づいて、委託会社が海外で設定や運用をする外貨建ての投資信託のことをいいます。多くの外国投信は国内の投信と比べ高い運用利回りを実現できることをメリットと謳っていますが、収益が大きい可能性があれば、当然、リスクも大きくなります。また、投資した後に、円安基調であれば為替差益のメリットがありますが、円高基調になると為替差損が出るリスクがあります。

 

外国為替及び外国貿易法(外為法)

1949年に施行された対外取引に関する基本法です。1979年改正(80年施行)。1997年改正(98年施行)。98年に施行された新外為法では内外の資本取引が自由になり、あらゆる企業は外為業務を手掛けることができるようになりました。

 

外国為替市場

為替取引は基本的に相対取引ですから、お客様と当社の間で取引が行なわれれば、それも一つの「外国為替市場」を形成していると言えます。市場参加者の種類により、銀行をはじめとする金融機関中心の市場を特にインターバンク市場と呼びます。

 

外為ディーラー

外国為替市場で、金融機関などにおいて実際の取引をしている人たちのことをいいます。

 

外貨建てMMF

外貨で運用される公社債投資信託です。格付けの高い公社債や短期金融商品で運用される金融商品です。

 

外債

外貨建て債券(外国債券)を指します。

 

為替差益

為替相場の変動によって生じた利益のこと。また為替相場の変動によって生じた損失を為替差損と呼びます。

 

為替スワップ

替取引の一種で、日本の銀行が円を担保に入れて外国銀行からドルを借り、一定期間後にドルを返すような仕組みになっている。主に貿易業者などが活用している。

 

為替手数料

銀行で外貨預金を行なったりするときには為替手数料がかかりますが、通常は為替レートの中にあらかじめ手数料が含まれています。たとえば米ドルで外貨預金をする場合、預け入れ時に1円、払い戻し時に1円、合計2円の為替手数料を負担することになります。

 

為替変動リスク

為替相場の変動により損失が発生するリスクのことを指します。

 

カスタマーディーラー

外国為替市場で、金融機関などにおいて実際に取引をしている人=ディーラーのなかで、顧客を担当する人のことをいいます。

 

カバー・ディール

顧客取引の反対売買をして、残高を調整するための取引のこと。