トップページ > FX用語集 > あ行 > い

FX用語集

 

あ行 「い」

委託介入

当該国の中央銀行が他国の中央銀行に市場介入を代行してもらうこと。

 

一目均衡表

細田悟一によって、1936年(昭和11年)に考案されました。細田のペンネーム 一目山人(いちもくさんじん)に因んで名づけられ、現在は細田の遺族が経営する株式会社経済変動総研の登録商標です。

 

一目均衡表は、時間論、値幅論、型譜、スパンなどで構成されます。均衡表はスパンが有名ですが、均衡表における第一は時間関係です。

時間論は、9・17・26…などの基本数値、あるいは、過去の幾波動の日数をとる対等数値、銘柄ごとに現れる習性数値に分類される日数を経過した日を変化日とするものです。

値幅論は、目標値としては、E・V・N・NT計算値、4~8Eの倍数値があります。また、相場の勢いや方向性を見定めるため、それ以外の値幅・陰陽数をも検討します。

各数値によって算出された変化日に計算値を実現した場合、相場が反転する可能性が高いです。

スパンは、日々のローソク足と、次の5種類の数値を算出しそれぞれをつないだ線とで構成されます。

転換線=(過去9日間の高値+安値)÷2

基準線=(過去26日間の高値+安値)÷2

先行スパン1={(転換値+基準値)÷2}を26日先にプロットしたもの

先行スパン2={(過去52日間の高値+安値)÷2}を26日先にプロットしたもの

遅行スパン=(本日の終値)を26日前にプロットしたもの

2本の先行スパンに囲まれた部分は雲と呼ばれる。

 

移動平均線

株価や外国為替のテクニカル分析において使用される指標です。 アメリカのJ・E・グランビルによって相場分析に利用できる事が広められました。 移動平均線は、過去の一定期間の株価の平均値から求ます。5日移動平均線であれば、過去5日間の終値の平均値となります。テクニカル分析の指標としてもっとも基本的なものであり、多くの投資家によって用いられています。

 

イフ・ダン

新規注文と、その注文が成立してできたポジションに対する決済注文が同時に出せる注文方法で、新規注文が成立した直後、 自動的に決済注文が有効となります。 例「ドル/円100.00円の正指値・買い / If done102.00円の正指値・売り」

 

インカムゲイン

利子・配当による収益のことを指します。これに対して、投下資本そのものの価格変動による利益(為替差益など)のことをキャピタルゲインといいます。

 

陰線

チャート分析におけるローソク足の値動きで、終値が始値よりも低い状態の事を言います。

 

インターバンク市場

銀行間外国為替市場のことです。この市場の取引参加者は金融機関、大手証券会社などです。 参加者は、直接または間接に通貨を取引します。

 

インターバンクマーケット

外国為替市場という場合、東京証券取引所のような物理的な取引所ではなく、各金融機関同士が電話やコンピュータなどの通信インフラを用いて行なう取引を総 称したものを指すのが普通です。この銀行間取引のことをインターバンクマーケットといいます。この市場の取引参加者は金融機関、大手証券会社などです。参 加者たちは、銀行や証券会社同士で直接、通貨の取引をする場合もあれば、ブローカー(仲介業者)を経由して間接的に取引する場合もあります。現在は、ブローカー経由よりも、金融機関同士が直接、通貨を売買するダイレクト・ディーリングが主流となっています。

 

インターバンクレート

インターバンク市場で行われている為替取引のレートの事です。

 

インフレーション

物価が継続して上昇する経済現象の事をインフレーション(インフレ)といいます。

 

イールド・カーブ

利回り曲線。主に国債の利回り(金利)と償還期間との相関性を示す曲線。

 

1本

100万ドルのことを指し、インターバンク市場においてディーラー間で取引をする場合の最小単位となっています。