トップページ > FX用語集 > あ行 > あ

FX用語集

 

あ行 「あ」

相対取引(あいたいとりひき)

外国為替市場では、株式市場のように「特定の場所」での取引は行なわれません。いわゆる取引所を介さずに、金融機関など当事者同士が、売り手と買い手となり、相対(一対一)で交渉し、値段、数量、決済方法などの売買内容を決定する取引方法のことを、相対取引といいます。

 

アイザーウェイ

ビッド(bid)とオファー(offer)が同じレートという意味。「チョイス(choice)」ともいいます。

 

アウトライト

直物為替や先物為替の売買を単体で行うこと。

 

アゲインスト

保有しているポジションに損失が出ている状態。利益が出ている状態はフェイバー(Favor)という。

 

アジア市場

日本や中国等を中心としたアジア諸国全体の株式市場を指します。

 

アシスタントディーラー

ディーラーの補助をする人のことを指します。ディーラーは、自分の判断で売買を行なう権限が与えられているのに対し、アシスタントディーラーの場合は、自 己の判断ではなく、サポートをしているディーラーの判断に従って取引を行ないます。一般的には、アシスタントディーラーとして、経験を積んでから、ディー ラーになります。

 

アスク

プライスを提示する側(当社)の売り値のこと。オファーと意味は同じです。提示された側(お客様)はそのプライスで買うことになります。【⇔ビッド】

 

アセット

資産のこと。

 

アセットアプローチ

マーケットの変化を反映して生まれた考え方の一つ。 為替レートは、金融資産(アセット)に対する需要と供給が均衡するように決まるとする考え方。

 

アナリスト

個別の株価や相場全体の動きを分析し、運用者に対して情報を提供する人のことをいいます。大きく分けると、チャート分析などテクニカル要因を活用するテクニカルアナリストと、経済統計や経営実態などファンダメンタル要因を元に分析するファンダメンタルアナリストがいます。

 

アノマリー

理論では説明のつかない相場の変動。

 

アベレージ・コスト

同一銘柄のポジションを複数にわたって保有している場合の、その平均の持ち値のことを指します。

 

アマウント

「取引量」「取引単位」を指します。当社の『外貨ネクスト』の場合、最低取引単位は1,000通貨単位(例:1,000米ドル)となっています。

 

アービトラージ

価格差を利用した「さや取り」を「アービトラージ(裁定取引)」と呼びます。例えば、「現物市場で取引されている為替レート」と、「先物市場で取引されている為替レート」の、ギャップ(Gap)を利用して利益を出す手法です。