トップページ > 初心者に多い失敗 > 早めの決済ができない

決済のタイミングを逃す

 

FX初心者でよくあるミスが、決済のタイミングを間違えてしまう事です。

たとえば、ある通貨を取引している最中に一時的に数万円の含み損が出たとしましょう。その時点で決済すると、もちろん損失が確定するわけですが、初心者の多くは損失を出すことを恐れ、「そろそろ上がるかも」という気持ちから決済できなくなり、更に損失を大きくしてしまう事があります。思った通りになる場合もあるでしょうが、もしそのまま損失が大きくなれば「あの時決済しておけば…」ということになります。

 

「これから上がるかも」とか「まだ下がるかも」は、希望的観測によるものが多いものです。

チャートの読み方を理解し、分析する事や、FX各会社の情報ツールで情報を得たり、新聞・TV・ネットなどのニュースによるファンダメンタル分析判断でなければ、意味を持たないことが多く、結果ギャンブルになってしまう危険性があります。

 

まず初心者が取引を行うなら初めに「相場がここまで下がったら決済する」というルールを自分で決め、そのルールをきっちり守るようにしましょう。実際には難しい事ではありますが、ここを守るか守らないかでは、投資なのかギャンブルなのかで結果が大きく変わります。

リスクを軽減させるためにも、FXでは便利な注文機能やリスク軽減機能が充実しています。例えばロスカット機能やOCO注文やIFDO注文、マージンコールなどを上手く利用することで、リスクを軽減することも可能です。