トップページ > チャートの見方 > トレンドラインを引いてみる

トレンドラインを引いてみる

 

トレンドラインとはチャート傾向をわかりやすくするための補助線をいいます。

トレンドには「上昇・下降・横ばい」の3つががありますが、いわゆる「トレンドの転換点」を見極めるのに役立つのがトレンドラインです。ロウソク足の下側で2点以上接するように引く線をサポートライン(支持線)といいます。「これ以上相場が下がらないように支えている線」という意味として一般に知られています。

 

逆にロウソク足の上側2点以上を接するように引く線をレジスタンスライン(抵抗線)といいます。サポートラインの反意語になり、「これ以上相場が上がらないように抵抗している線」です。

 

上昇トレンドの場合ならロウソク足の下側が2点以上接するよう自分でサポートラインを引きます。これを一般に上昇トレンドラインといいます。逆に下降トレンドなら、ロウソク足の上側が2点以上接するようにレジスタンスラインを引き、同様にこれを下降トレンドラインといいます。

 

 

 

トレンドラインを引く際には、ヒゲは無視することですがポイントです。為替は当然24時間動いているので、信頼性が高くないためです。またラインを引くときには、それほど正確に引く必要もありません。

投資に有効なトレンドラインを引くには、3~4つ以上のより多くの安値(または高値)を結ぶと良いと言われています。多くの安値(または高値)を結べるということは、過去そのトレンドラインが示す価格以下(または以上)には動かない言えます。

はじめは2点でしか結べないトレンドラインでも、その後示す水準で価格が反転した際、もしくは一時的にそのトレンドラインから離れてもすぐに近づくような場合は、そのトレンドラインが有効に機能しているということになると考えられます。