デモトレードで学ぶ

初めてFX取引をする人のために、多くのFX取引会社では、無料デモトレードのシステムが用意されています。

デモトレードとは、仮想のお金を使って、無料で自由にFX取引ができるシステムです。もちろん、仮想金なので、利益を出しても受け取れませんし、損失を出しても支払うことはありません。

いきなり口座を開設して取引を開始する前に、まずは無料デモトレードで体験して練習することを強くおすすめします。

デモトレードでは、利益を出して成功を体験するのはもちろん、リスクの高い取引にチャレンジして、失敗体験もするようにしましょう。どういう取引をすると失敗するのか、それを無料で経験できるのはとても大きいです。

また、デモトレードのシステムが、実際に使うシステムと同じなど、なるべく現実と同じ条件下でできる取引会社を選びましょう。そうすることで、取引システムの使いやすさなど、自分に合った取引会社を選ぶことができます。

 

デモトレードを始めるには

FX取引会社のホームページから、「デモトレード」「無料デモトレード」のボタンをクリックして、申込フォームに必要な項目を力します。名前、住所、電話番号、生年月日、メールアドレスなどの項目を入力すると申込完了です。

取引会社によっては、デモ版のシステムをダウンロードする必要がある場合があります。その場合は指示にしたがってダウンロードします。難しい操作はありません。

デモトレードは、スタート時点で数百万円単位のお金が用意されています。いくら失敗しても損することはないので、いろいろな取引を試してみましょう。

 

デモトレードは成功する確率が高い?

初心者の人がデモトレードで取引すると、順調に利益を増やしていく。でも実際に取引を開始すると、損してしまう人も多いだそうです。デモトレードでは利益を出していた人が、実際には損失を出してしまうのはなぜでしょうか?

それは、精神面が影響しているからです。

失敗しても痛くないデモトレードは、余裕を持って取引することができます。逆に、自分のお金を使って取引する実際のFXでは、利益を出したい、損したくないという気持ちが強すぎて、冷静な判断ができなくなるんです。

たとえば、レートがここまで下がったら、たとえ損してても売ろうと決めていても、実際の取引では「ここで売ったら損失が確定してしまう」という心理が働き、さらに「もしかしたらそろそろ上がるかも」という希望的観測も手伝って、なかなか損失を確定することができません。

 

その場で売っておけば少ない損失で済んだのに、判断が鈍って結局損失を大きくしてしまうわけです。

逆に、レートが上がっている場合は、何の根拠もないのに「まだ利益をあげられるかも」という心理が働き、決済して利益を確定することがなかなかできません。結果、相場が下がってしまい、利益が小さくなったり、損失を出してしまうことがあります。

これらの失敗を避けるためにも、デモトレードを体験して、自分なりのルールを確立させることが重要です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

本日の注目材料

登録されているプレスリリースはございません。

ピックアップ記事

  1. 2015-3-9

    チャートの読み方

    FXで売買するには「タイミング」が重要です。これは投資を行う以上、切っても切れない関係になります。 …
  2. 2015-3-9

    会社選びは大切です。

    FXを始めるにあたって、どこの会社を利用するかという選択は想像以上に大切です。 数多くのFX会…
  3. 2014-10-20

    FXとは?

    FXとは、外国為替証拠金取引(Foreign eXchange)の略称で、取引業者に証拠金を預託して…

特集:FXと税金

  1. FXで利益を取り、その額が基準を超えた場合には、法律上必ず税金を納めなくてはいけません。これは必ず守…
  2. 1.申告分離課税で、税率は一律20% 課税所得金額(税制改正前)合計 現在の課税…

ランキング

ページ上部へ戻る