信託保全とは?

信託保全はFXユーザーの資産を守ってくれる非常に重要なシステムの事です。
信託保全とは、FX取引業者がユーザーから預かった証拠金を、信託銀行に預ける事を指します。この場合、取引業者が破綻した場合に個人の証拠金が返還され、資産は、別の所(この場合は信託銀行)で守られてリスクを回避できるということです。
初めてFX取引をする場合は、信託保全がしっかり完備されている業者を選ぶ事がリスク回避の重要なポイントとなる事は間違いありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

本日の注目材料

登録されているプレスリリースはございません。

ピックアップ記事

  1. 2015-3-9

    チャートの読み方

    FXで売買するには「タイミング」が重要です。これは投資を行う以上、切っても切れない関係になります。 …
  2. 2015-3-9

    会社選びは大切です。

    FXを始めるにあたって、どこの会社を利用するかという選択は想像以上に大切です。 数多くのFX会…
  3. 2014-10-20

    FXとは?

    FXとは、外国為替証拠金取引(Foreign eXchange)の略称で、取引業者に証拠金を預託して…

特集:FXと税金

  1. FXで利益を取り、その額が基準を超えた場合には、法律上必ず税金を納めなくてはいけません。これは必ず守…
  2. 1.申告分離課税で、税率は一律20% 課税所得金額(税制改正前)合計 現在の課税…

ランキング

ページ上部へ戻る