マージンコールとは?

FX取引で、証拠金以上の損失を拡大させないために設けられているシステムの事を指します。般的には証拠金に対して50%以上の損失が出た場合に発生しますが、取引業者によって異なります。    例えば、10万円の証拠金でドル円を買ったとして、その後、円高となり、損失が-5万円を超えた時点でマージンコールが発生します。

その場合、前述したロスカットが起きるか、取引業者が証拠金の追加を要求してくるか、どちらかの対応が起こります。

マージンコールは基本FX取引業者から電話・メールで通知されます。

マージンコールが起きやすいようなレバレッジの高い業者を使用する場合は、安全運用の為、余裕を持った資金で取引する事をお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

本日の注目材料

登録されているプレスリリースはございません。

ピックアップ記事

  1. 2015-3-9

    チャートの読み方

    FXで売買するには「タイミング」が重要です。これは投資を行う以上、切っても切れない関係になります。 …
  2. 2015-3-9

    会社選びは大切です。

    FXを始めるにあたって、どこの会社を利用するかという選択は想像以上に大切です。 数多くのFX会…
  3. 2014-10-20

    FXとは?

    FXとは、外国為替証拠金取引(Foreign eXchange)の略称で、取引業者に証拠金を預託して…

特集:FXと税金

  1. FXで利益を取り、その額が基準を超えた場合には、法律上必ず税金を納めなくてはいけません。これは必ず守…
  2. 1.申告分離課税で、税率は一律20% 課税所得金額(税制改正前)合計 現在の課税…

ランキング

ページ上部へ戻る